会社の情報管理について知りたい

ウイルスやスパイウェアの発達により、会社の情報管理はかなり重要な問題となっています。その中で重要なのが、ITAMです。ITAMをと言っても聞き慣れない人が多くいると思います。そんな「ITAMって一体何?」と疑問に思った人の為に本記事で説明しています。

ITAMについてよくある質問

ITAMって何?

ITAMとは、IT資産と呼ばれるPCを始め、情報を司るすべての機器を管理することを言います。

何のためにするの?

ITAMは無駄なコストを削減したり、セキュリティを強化する目的があります。

どんなことをするの?

PCや周辺機器の買い替えはもちろん、ソフトウェアが正常に作動しているかの管理や不正アクセスの管理など、多岐に渡ります。

多くの物を管理できる

システム

クライアント台帳やシステム台帳などはパソコンで管理していても、什器や備品などは手書きのメモで管理している企業も多いです。全ての資産台帳を一括で管理した方が、社内の作業効率は大幅に向上しますから、資産台帳の管理をサポートするITAMというソフトウェアを活用してください。什器や備品の一覧をまとめる作業も短時間で行えて、社員同士で情報を共有するための作業も簡単に済ませられるところが、ITAMが評価される理由です。物品管理ツールとして使用する際には、バーコードやRFIDなどの情報を登録する作業を行うだけで、効率よく物品を管理できます。バーコードの登録にかかる時間も短いですから、全ての備品を管理するために、今からITAMを導入するのは大変そうだと考える必要はありません。パソコンの操作が苦手な社員が多い企業でも、ITAMの操作のしやすさには満足しており、何も問題なく物品を管理できています。

セキュリティを改善できる

IT資産管理機能も備えているITAMは、ネットワークに接続されている機器の情報を瞬時に集める事ができて、セキュリティを高められるソフトウェアとして人気も高いです。不審な機器がネットワークに接続していないか、リアルタイムで確認しながらネットワーク攻撃を監視できる、理想的なツールとして活用されています。一部の機器の応答が無くなった際には、すぐに点検に迎えるようになりますから、機器のトラブルに即座に対処したいと考える企業にも最適です。登録情報へのアクセス権も細かく設定できるので、情報を第三者に見られないか心配せずに、ネットワーク機器の情報を管理できます。管理項目の表示の変更など、細かいところに手が届くところもITAMの魅力で、扱いやすい資産台帳ソフトを求める企業に最適です。ITAMを導入する際にかかるコストの見積もりなども、短時間で済ませられますから、まずは資料請求や見積もりを依頼してください。