HOME>トピックス>良い企業はタレントマネジメントが上手かった!?

タレントマネジメントが必要な時代

企業が成長していくための方法としてタレントマネジメントが注目されています。でもよくわからないというのが正直なところですよね。実際のタレントマネジメントとはどのようなことなのか一覧にしていますのでご覧ください。

タレントマネジメントの方法一覧

  • 経営戦略と人事戦略をリンクさせる
  • 推進体制を強化する
  • 次世代リーダー育成のためのパイプラインの強化
  • キャリアアップの機械を提供
  • タレントマネジメントシステムの導入

企業での人材確保

会議

タレントという言葉は、本来、才能や素質などを意味しています。この言葉を企業の人材管理という考え方からすると、企業に貢献する才能や資質のある人材、優秀な人材という意味でも使われています。タレントマネジメントとは、企業が潜在的に持っている社員の才能や資質をいかに企業に生かすかという命題です。このために社員のスキルや才能を把握し、パフォーマンスを最大に発揮させるために、人事や教育などの取り組みを行う手段です。社員のパフォーマンスを最大に発揮させ利用するには、適所適材のタレントを把握することから始まります。具体的には、社員の性格、経験、能力、知識などを日常から幹部が把握することです。これらの情報をデータベース化して一元管理することが必要です。

人材育成の考え方

会議

タレントマネジメントの目的達成のために、幹部がデータベース化し一元管理できる情報をどのように活用するかという共通認識を持つ必要があります。現在の人材で実現できるかなどの分析を行います。必要な人材が明確になったら、条件を満たす社員がいるかを検討します。該当する社員がいない場合は人材教育を考えます。

人材育成の注意点

会議

企業幹部がタレントマネジメントについてよく理解することが肝要です。社内に優秀な人材が潜在的に存在しても、その知識やスキルは発見できず効果は得られません。幹部は優れた人材を育成し人材を活かす組織的な仕組みを理解する必要があります。